【壺と石の話】人生の優先順位について【コピペ紹介】

思ったこと・感じたこと
この記事は約7分で読めます。

中流層のみなさん、こんにちは。むたろうです。

「収入は平均くらいですが、会社が嫌いなのでセミリタイアしたい」をコンセプトにブログを書いています。

会社をやめるために給与以外のCF(キャッシュフロー)を育てています。

今日は、私の好きなあるお話を紹介します。知っている方も多いと思いますが、壺と石のお話です。

私はこの話を「2ちゃんのまとめ」で初めて見て、ショックを受けました。そして、人生の優先順位について、頻繁に考えるようになりました。

2ちゃんのまとめのくだらない記事でゲラゲラ笑っていた私は、頭をぶっ叩かれたような衝撃を受けました…!

壺と石の話

「さあ、クイズの時間だ!」

大学教授は、そう言って大きな壺を取り出し、教壇に置いた。

その壺に、教授は一つ一つ石を詰めた。壺が一杯になるまで石を詰めて、教授は学生に聞いた。

「この壺は満杯か?」

教室中の学生が「はい」と答えた。

「本当に?」

そう言いながら教授は、教壇の下からバケツ一杯の砂利を取り出した。

そして砂利を壺の中に流し込み、壺を振りながら、石と石の間を砂利で埋めていく。

そしてもう一度聞いた。

「この壺は満杯か?」

学生は答えられない。一人の生徒が「多分違うだろう」と答えた。

教授は「そうだ」と笑い、今度は教壇の陰から砂の入ったバケツを取り出した。それを石と砂利の隙間に流し込んだ後、三度目の質問を投げかけた。

「この壺はこれで一杯になったのか?」

学生は声を揃えて、「いいや」と答えた。教授は水差しを取り出し、壺の縁までなみなみと水を注いだ。彼は学生に最後の質問を投げかける。

「僕が何を言いたいのかわかるだろうか?」

一人の学生が手を挙げた。

「どんなにスケジュールが厳しい時でも、最大限の努力をすれば、いつでも予定を詰め込む事は可能だということです」

「それは違う。」と教授は言った。

「重要なポイントはそこにはないんだよ。この例が私達に示してくれる真実は、大きな石を先に入れない限り、それが入る余地はその後二度とないということなんだ。」

君たちの人生にとって”大きな石”とは何だろう、と教授は話し始める。

「それは、仕事であったり、志であったり、自分の夢であったり……」

「ここで言う“大きな石”とは、君たちにとって一番大事なものだ。それを最初に壺の中に入れなさい。さもないと、君たちはそれを永遠に失う事になる。もし君たちが小さな砂利や砂や、つまり自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしたならば、君達の人生は重要でない何かに満たされたものになるだろう。

「そして大きな石、つまり自分にとって一番大事なものに割く時間を失い、その結果、それ自体を失うだろう。」

知っている方も多いのではないでしょうか。しかし、出典はどこなのかはわかりません。

私はこの話を初めて読んだとき、「人間、無理だと思ってもまだまだ成長できる」的な、ありきたりな話かと思いました。しかし、最後まで読んで「大きな石を先に入れないと、それが入る余地はもう二度とない」という結論に衝撃を受けたのを覚えています。

入れる順番を間違えると、もう二度と入れることができないんですよ?

入れる順番をめちゃくちゃ真剣に考えないといけませんね。現実社会では、「もう二度と入れられない」ということはないかもしれませんが、そのくらい真剣に考えなければいけない問題だと思います。

そして、この話は、壺を様々な物に例えることによって、色々な場面に応用できると思います。

時間の話

壺を時間に例えます。時間は有限です。

寿命の長短はあるにせよ、世界中のどんな金持ちにも、国家の指導者にも、サラリーマンにも、難民にも、1日は等しく8万6400秒与えられます。

この8万6400秒の中に何を優先的に入れていくのか。生命維持に必要な睡眠や食事の時間がまずは入るでしょう。

その次に何を入れるのか。大きな石は何なのか。それをよく考えたいと思いました。

家族と遊ぶのか。テレビやYouTubeを見るのか。本を読むのか。仕事をするのか。趣味に充てるのか。

こればかりは人それぞれの価値観やライフステージによりますね。でも、ただ無意識に時間を使うよりは、考えて時間を使う方が有意義なのは間違いないと思います。

例えば、先日、「在宅勤務で通勤時間の大切さがわかった」というニュースを目にしました。「通勤時間=悪」というのが通説のようになっていますが、状況によっては、家族に邪魔されない貴重な一人時間として活用している人もいるようです。

撮りためたドラマを見る、資格取得のための勉強時間に充てるなど、こうした通勤時間の使い方をしている人にとっては、通勤の復活はありがたい話だったようです。

しかし、こういった通勤時間の使い方は、「満員通勤電車」じゃ無理ですね(笑)

私も一時期、神奈川県内の事業所まで片道1時間半かけて通勤していました。下りだったので電車はほぼ座れて、その間にFP試験やTOEICの勉強などをすることができました。

話が逸れました。このように、時間の使い方に対する考え方は人それぞれだと思いますが、「自分にとっての大きな石は何か」を常に考えていたいですね。

ちなみに、私は将来的に、家族との時間、趣味の時間を大きな石として、まずは時間という壺に入れたいと思っています。教授の言葉とは違いますが、どう考えても仕事の時間を大きな石にする選択肢はありません。

今は仕方なく、仕事の時間がある程度の割合を占めていますが、残業をしない、有給を取る、家で仕事のことはいっさい考えないといった方法で、なるべくその割合が少なくなるように心がけています。

お金の話

壺をお金に例えます。ビルゲイツやベゾスでない限りお金も有限です。

給料や資産からの収入を何に使うのか。その優先順位を考えないといけません。

これも人それぞれですが、個々人が意識することが大切です。

給料が入ったらまずは、趣味につぎ込むのか、投資に使うのか、ぱーっと飲みに行くのか。どれでもいいですが、「自分の大きな石は何か」ということを考えないといけません。

ただ、一度消費に回したお金は二度と戻ってきません。

ちなみに私は、まず家賃と投資に回して、残ったお金で消費をします。先に(私にとっての)砂や水(消費・浪費)を入れてしまうと、大きな石(未来への投資)が入らなくなってしまうからです。

投資の中でも「何か大きな石なのか」を考えられるのがベストかもしれませんね。私にとってコアとなる大きな石は不動産で、その間を埋める砂利が米国株と言えるかもしれません。

人によっては大きな石がETFだったり、個別株だったり、FXだったり、太陽光発電だったり、色々考えられますね。

脳みその話

壺を脳みそに例えます。脳みその容量もおそらく有限です。

「その脳みその容量を何に割くのか」というのも重要かと思います。脳みその中身は思考につながります。そして思考は現実化します。

そこにまず初めに入れるべき大きな石は何か。

私個人の考えとしては、家族や自分を守るための投資や社会情勢のニュースがなんと言っても大きな石です。砂利や砂は、趣味の知識や知的好奇心、2ちゃんのまとめの領域。水は、芸能ニュースやテレビの知識です。

芸能人の名前・ニュース、芸人のコンビ名・ネタなど、こういったものを私はほとんど知りません(笑)友人に驚かれるレベルで知りません。が、私の中の優先順位がそうなので構いません。これらのものに脳みその容量を取られたくないからです。

今の情報社会では、自分で意識をしないと、自分にとっての水にあたる情報が勝手に脳みそに入ってきます。情報リテラシー、デジタルデトックス、こういったものも重要になると思います。

人生の話【まとめ】

総括として、人生を壺に例えます。人生の時間、使えるお金、行動量、人間関係などこういったものはすべて有限です。

それをまず何に割いていくのか。これを時折立ち止まって考えることが重要です。

私の優先順位

【大きな石】妻、生まれてくる子、親、友人、自由に使える時間、健康

【砂利】投資、経験、自由に使えるお金、食

【砂】会社、職場の人間関係、たまの贅沢

【水】その他雑多なこと

いつかは会社や職場の人間関係を【水】に格下げしてやりたいですけどね(笑)

みなさんにとっての【大きな石】【砂利】【砂】【水】は何でしょうか。

大きな石を先に入れない限り、それが入る余地は、その後二度とない

自分にとって重要性の低いものから自分の壺を満たしたならば、君達の人生は重要でない何かに満たされたものになる

自分にとって重要性の低いものや人間関係が自分の人生の壺に入り込む危険は常に満ちています。会社勤めなんて特にそうです。

しかし、自分の人生は常に自分のものです。自分にとって重要性の低いものたちにそのコントロール委ねてはいけません。常に自分がコントロールをするのです。

これを念頭において、生きてまいりましょう。

偉そうに語ってしまいましたが、私の好きなお話の紹介でした。読んでいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました