【定期公開】中流層共働き夫婦の家計チャレンジ【3~4月】

節約・家計術
この記事は約4分で読めます。

中流層のみなさん、こんにちは。むたろうです。

「収入は平均くらいですが、会社が嫌いなのでセミリタイアしたい」をコンセプトにブログを書いています。

3月中旬から4月中旬までの1か月の家計チャレンジが終わりましたので、結果を見てみたいと思います。

なんと言っても今月の注目はコロナウイルス感染拡大による外出自粛と在宅勤務でしょう!

どんな影響が家計に出ているのか見ていきたいと思います。

このブログでは「平均的な年収の世帯でも、セミリタイアに向けてやれることがある」いうことを見せていきたいと思っています!我々の1か月の取り組みを見てください!

先月の結果はこちら↑↑

まずは我が家の家計管理のルール

我が家の家計管理のルール

・収入はすべて見せ合う

・期間は毎月16日から翌月15日(給料日等の事情です)

・先取り貯金を毎月最低15万円

・カードやキャッシュレスで払っても、すべて現金で勘定

特に一番最後が重要で、毎月の家計管理はなるべくシンプルにしたいという思いから導入したものです。

正確にやろうとすればするほど、カード決済やキャッシュレスの扱いがめんどくさくなるので、全部現金で払ったことにしてその月の支出として管理しています。

今期の収入は434,000円!そこから固定費を引くと…

項目金額(ざっくり)説明
手取り収入    434,000円    夫:279,000円 妻:155,000円
先取り貯蓄-150,000円株式投資につぎ込みます。
家賃-129,000円住居更新しました。  
公共料金-11,000円今月は水道代なし
通信費-9,000円携帯2台+Wi-Fi
ジム代-7,000円24h営業ジム(コロナのため返金予定)
残り128,000円まあこんなもんですね(笑)  

手取り収入から毎月の固定費と先取り貯蓄を引いた額は、128,000円となり先月の112,800円よりは増えました。

私の残業代がやや増えたためですね。

しかし妻が在宅勤務開始となったので残業代がついに0に(笑)

2月は年度末が近づくにつれ業務繁忙となりましたが、最低限の業務量でこなすことができストレスを溜めずに乗り切れました。残業時間は6時間。

ストレスは健康寿命の敵ですから、徹底的に排除していきます。

さて、128,000円で1か月を過ごすチャレンジはどうなったのでしょうか。

1週間で32,000円使える計算です。

5万円も余っちゃいました(笑)

結果:残金53,000円!FF7買えるぜ!

項目金額(ざっくり)説明
食費  57,400円在宅勤務で自炊のための食費がUP!  
娯楽費6,500円飲み会1回分
美容    0円髪切りたい!!
医療費4,400円妊婦検診のみ
日用品2,700円
交通費4,000円
交際費0円
合計75,000円残金53,000円!

53,000円も余りましたね!!(^^)

食費は、在宅勤務により家での自炊回数が増えたため先月よりややアップ。

また、1月から使っていたふるさと納税でもらった冷凍鶏肉&豚肉が尽きたため肉代がかかるようになったのも大きいです。

娯楽費は、3月中に行った送別会1回のみのため大幅ダウン。素晴らしい。

外出自粛のため交通費も交際費もかからないという結果に。

なんというか、強制的に家計をどこまで絞れるかのチャレンジをさせられた気分ですね。

結果として5万円を余らせることができました!

このお金でPS4とFF7リメイクを買ってジェシーに会おうかとも思いましたが、許されませんでした(笑)

ジェシーいいですよね。買えない分YouTubeで動画見てしまいましたが、最高です。

何度も見てます。

なんつって。

ということで余った5万円は住居の更新料に充てることとなりました(泣)

我が家の貯金&投資方針

我が家は毎月15万円、ボーナス50万円×年2回で貯めた合計280万円のうち240万円を、毎月20万円ずつ株式に投資しています。

ですので、本業からの貯蓄については、残りの40万円が最低年間貯蓄となります。

年間40万円では少なすぎですが、不動産からのCFが毎月40万円近く入りますので、その分貯蓄が毎月増えていきます。それがすべて使える貯蓄というわけではありませんが、本業以外にもCFがあるとこういう場面で本当に役に立ちます。

これからも、不動産CF、配当CF、給与CFを分散し、そのCFからまたCFを生む資産を買っていきます。

読んでくださりありがとうございました。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました