【意外と簡単】外国税額控除やってみた【確定申告・e-TAX】

株式投資
この記事は約4分で読めます。

こんにちは、むたろうです。

今回、確定申告において、初めて外国税額控除をやってみたので、そのことを書いてみます。

外国税額控除自体は驚くほど簡単で、給与所得以外に所得があり確定申告をする必要がある人は、ほとんど手間もかからず行うことができるのでおススメです。

また、確定申告をする必要がない方も、源泉徴収された外国税額の還付を受けることで投資の成績も上がりますから、できればやった方が良いと思います。

※なお、私の体験談としての紹介であり、詳細は国税庁ホームページや税理士にご相談ください。

【簡単に】外国税額控除とは

いきなり国税庁ホームページを貼り付けるという愚行に出ました(笑)

簡単に言うと、外国株式や米国ETFの配当や分配金を受け取る際に源泉徴収された「外国での所得税」を取り返す手続きになります。

例えば米国株の配当にかかる所得税は、米国現地で10%源泉徴収され、さらに日本国内で20.315%源泉徴収されます。

所得税が二重にかかるのはかわいそうなので、一定額の外国所得税は日本での所得税額から控除する形で返してあげましょう、ということです。

ちなみに取り戻せる額の上限は、以下のとおり。

国税庁ホームページを加工

全体の所得税額がそもそも少なかったり、国外所得(つまり外国株式等の配当金額等)が所得総額に占める割合が低い人は限度額が低くなってしまいます。

対象となる人

NISAやつみたてNISAのような非課税枠以外で外国株式等を購入し、配当等を受け取った人

なお、NISA等の非課税口座で外国株式等を買った場合も外国所得税は源泉徴収されています。

なぜなら、NISA等はあくまで日本での非課税制度なので、外国所得税は関係ないからです。

しかしこの場合、外国所得税のみの課税となり、日本と外国で二重に課税されたわけではないので、外国税額控除は使えません。

用意するもの

用意するもの

①「特定口座年間取引報告書」

②「配当金等支払い通知書」

この2つを用意してください。

①は1月中旬頃に前年分が証券会社から送付されます。

②は配当金が支払われる度に証券会社から送付されます(SBI証券の場合)。ほかの証券会社もそれに類するものがあると思います。

①の特定口座年間取引報告書を見ると、その中段あたりに「配当等の額及び源泉徴収税額等」という欄があります。

そして、以下の赤枠のところが、外国株式等の配当が支払われた際に源泉徴収された外国所得税が記載されている部分です。

ここに記載された外国所得税を取り返す手続きとなります。

e-TAX画面での入力方法

e-TAX画面で外国税額控除の画面を開くとこんな画面となります。私は以下のように入力しました。

①赤枠=前記「②配当金支払通知書」を見て国名を入力。「米国」など。

②水色枠=「源泉」を選択。

③オレンジ枠=「配当」と入力。

④緑枠=「源泉所得税」と入力。

黄色、紫、青、黄緑の枠は、前記「②配当金支払通知書」の同じ色の枠の部分を入力(以下の画像のとおり)します。

全ての配当金支払通知書を入力し終わったら、その下の調整国外所得金額を入力します。

調整国外所得金額は、前記「①特定口座年間取引報告書」のうちの「⑧国外株式及び国外投資信託等」及び「⑭国外公社債等又は国外投資信託等」の「配当等の額」欄の合計額を入力しました。

後はそのまま次へ進んで行くと、所得税額から控除される外国税額が自動で計算され表示されます

簡単な手続きで投資の成績が上がる

e-TAXなら、特定口座年間取引報告書と配当金支払通知書の内容を打ち込むだけで自動で控除金額を計算してくれます。

この簡単なデータ入力だけで外国株式等の配当金にかかる外国税額が還付され、その分投資の成績が上がるわけですから、やった方が良いと私は感じます。

特に、国内の投資信託ではなく外国ETFを使ってインデックス投資をしている方は、外国税額控除をやるかやらないかでリターンに差が出てきてしまいます。

手軽な国内の投資信託ではなく、経費が低い外国ETFをわざわざドル転の手間をかけてまで購入しているからには、外国税額控除まで徹底して行うことができたら良いと思います。

私もeMAXIS Slim全世界株式で良いところをVTを使ってインデックス投資をしているので、やらないと損だと思い、やりました。

結果、今年は不動産の譲渡所得が発生し所得税額が高くなっていたこともあり、VTの分配金にかかる外国所得税は全額控除することができました。

この実質還付になった分は、VTに再投資したいと思います。

ということで、外国税額控除に挑戦してみたい方の力になれれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました