【定期公開】今月のキャッシュフロー詳細【2020年9月】

資産状況等
この記事は約5分で読めます。

中流層のみなさん、こんにちは。むたろうです。

「収入は平均くらいですが、会社が嫌いなのでセミリタイアしたい」をコンセプトにブログを書いています。

セミリタイアを目指して複数のキャッシュフローを作るため、不動産投資、株式投資に取り組んでいます。

不動産からは賃料収入としてキャッシュが生まれ、株式投資は積み立てたインデックス投資を取り崩すことでキャッシュを得る予定です。

物件①からのCFは今月が最後です。

不動産からのキャッシュフロー +31.4万円

物件その① +17.4万円

  • 収入=26.3万円
  • 経費=8.9万円(管理料1.6万円、修繕費3.5万円、固定資産税1.3万円、火災保険料・その他2.5万円)
  • 収支=+17.4万円

物件①は9月末をもって引き渡しとなりました。

9月の家賃収入は日割り計算をして清算。最後のローン返済は一括返済でしたので、物件売却益の方に含めて計算しています。

固定資産税も後1期分支払いが残っていますが、そちらも買主から清算金を受領していますので、残りの1期はそのお金で支払いをして終わりです。

最後の最後まで私にCFをもたらしてくれた物件①ですが、これにてお別れとなりました。

物件①の売却話第一弾はこちらの「【不動産投資】初めての物件売却【その①】」をご覧ください。

また、物件①の詳細は「所有物件紹介とその物件購入を決めたポイント【その①】」をご覧ください。

物件その② +8.4万円

  • 収入=24.6万円
  • 経費=16.2万円(ローン返済11.1万円、管理料1.4万円、固定資産税3.6万円、その他0.1万円)
  • 収支=+8.4万円

物件②は安定した黒字です。定期的なランニングコスト以外は費用の発生なし。

ただ、今月は固定資産税の支払いがあったためややCFが圧迫されました。

この物件は重量鉄骨造です。ということは、積算評価が木造物件よりも高く出るなどのメリットがある一方、評価額が高い分固定資産税も高くなるというデメリットもあります。

積算評価が出るということはバランスシート上で債務超過しにくく、信用棄損が起こりづらいということではありますが、CFは圧迫される。かと言って評価の出ない木造物件ばかりだと信用棄損により融資が引きづらく規模拡大がしにくくなる。

不動産投資はこのバランスに気を使うな、と物件②を見るたびに思います。

物件②の詳細は「所有物件紹介とその物件購入を決めたポイント【その②】」をご覧ください。

物件その③ +5.6万円

  • 収入=11.4万円
  • 経費=5.8万円(ローン返済4.7万円、管理料0.6万円、その他0.5万円)
  • 収支=+5.6万円

物件③は家賃の入金遅れがあったため収入が減り、CFもやや減りました。

家賃の入金遅れはまま起こります。が、滞納ではなく、翌月に2か月分が入金されますので、問題ありません。

物件②と対照的に、木造物件で長期ローンを組んでいる物件(金利が高いですが・・・)ですので、コストがあまりかかりません。

物件②、物件③のように毛色の違う物件を組み合わせて持つというのが、CFと規模拡大の両立実現に対する一つの答えであるとは思います。

物件③の詳細は「所有物件紹介とその物件購入を決めたポイント【その③】」をご覧ください。

不動産キャッシュフローまとめ

  • 収入合計=62.3万円
  • 支出=30.9万円
  • 収支=+31.4万円

今月も30万円を超えるCFが入ってきました。

10月分から2物件のみとなります。

おそらく大きな出費がなくて月25万円ほどのCFとなる見込みです。

月当たりのCFは減りますが、物件①は売却によって8~10年分に匹敵する現金を得ることができたので、売却は間違っていなかったと考えています。

こちらが累積キャッシュフローです。

物件①の売却で得たキャッシュは含めていません。あくまで家賃収入として積み上げた分のみです。

このCFがマイナスにならない限りは、保有によって損したことにはなりません。

株式からのキャッシュフロー 

VTから保有後初めての分配金の入金がありました。約1.5万円。すぐにVTに再投資。

VT1本のポートフォリオを「漢のポートフォリオ」と言って褒めてくれる方や「潔くて好き」と告白してくれる方がいて嬉しいです(笑)

なお、9月末のVTの損益(円建)は、-1.1万円(トータルリターン:+0.16%です!

今月のキャッシュフローまとめ

今月も30万円超えるCFが入金となりました。

もちろんすべてが使えるお金ではないですが、給与外からこれだけのお金を生み出せているということは、良く考えるとすごいなと思います(笑)

年収350万円の頃からコツコツと準備をして続けてきた結果だと思います。

来月からは物件数が減る分、より安定してCFが生み出せるようしたいです!

「資産は君のポケットにお金を入れてくれる」

「金持ち父さん貧乏父さん」の有名なフレーズです。不動産投資という「自分のビジネス」をおこなって資産を持つことで、寝ている間も携帯いじっている間も食事の間も収入が生まれ、お金を私の下に運んできてくれます。

これからも私は、将来的に収入を生む資産を買っていきます。

年収350万円から、不動産投資と株式投資により資産をコツコツ作ってきました。

「中流層サラリーマンでもこのくらいはやれるんだな」と思ってもらえたら嬉しいです。

また不動産投資のキャッシュフローのイメージが湧きにくい方もいると思いますので、そういう方の参考になるようなるべく細かい額を記載しています。

今後も給与以外のキャッシュフローを育てるべく、不動産・VTに投資を続けてまいりたいと思います。

参考になれば幸いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました